【東京・関東】で信頼あるおすすめ専門学校をセレクト

MENU

保護者に伝えたい専門学校のこと

  • HOME »
  • 保護者に伝えたい専門学校のこと

伸びるマークお子様の進路選択を応援して下さい

目次

1.お子様の進路選択をまずは支持してほしい

保護者の皆さまにお伝えしたいのは、お子様の進路選択をまずは支持ほしいということです。

進路選択の際「保護者の意向」や「高校の先生の意向」が強く、お子様が本心を出しにくいケースもあります。

どのような分野で、どういう仕事があるのか、専門学校では何を学ぶのかなど、情報を共有することから始めましょう。

子供は声に出さなくても「自分が進みたい道」を思い描いています。

明確な目標でなくても、親が考えている以上に「自分の将来を模索」してます。

なかには、親の期待に応えるために何となく大学に進学するケースもあります。

その結果、学生生活に行き詰って大学を辞めてしまう人もいます。これはホントの話です。


お子様が自分の可能性を見つけてそこに向かおうとしていしたら、お子様の本心に寄り添って、進路選択についてまずは話を聞いてあげてください。

2.やりたい分野が明確なことは凄いこと

高校卒業時に「やりたいことが明確」なことは立派なことです。

保護者のみなさんが高校生のころと比べてみると「将来の仕事をイメージしていること」がいかに凄いかよくお分かりいただけると思います。

いわゆる受験科目の勉強があまり好きでない人もいます。

これは、資質的な面もありますので、受験科目だけではお子様の可能性や成長を計ることはできません。

勉強を全くしなくてもよいということではなく、偏差値に縛られて苦しい勉強では意味がないということです。

そもそも、専門学校は専門分野で選ぶので、偏差値の基準や考え方が存在しません。

社会に出れば人生を偏差値では計れないことを保護者の皆さまはよくご存じだと思います。

3.大学でも専門学校でも本人のイキイキできる道が幸せ!

お子様の将来の一番の理解者は保護者です。

好きなこと、集中できることに一生懸命取り組むなかで必ず本人の成長や人との出会いがあります。

前向きに取り組めば、多少困難があっても頑張れる気力が生まれてくるはずです。

無理な方向に誘導しても、お互いに嬉しい結果にはつながらないのではないでしょうか。

どんな分野に進んでも、本人のイキイキできる道が幸せだと思います。

4.大学と専門学校 向き不向きがあります

大学と専門学校、どちらに向いているか?

高校でも通信制高校で学ぶ人が増えているように、学びの環境は多様化しています。

ですから、大学と専門学校おどちらに向いているかは、お子様の個性によっても異なります。

高校まで受験科目の学習が不得手であったり、どちらかといえば苦手だった場合は、大学に進学しても授業に適応できないことがあります。

企業の採用現場では、大学フィルターを設けて一定以上の採用基準を設けていることはご承知のとおりです。

いわゆるFランク大学の学生は、企業の採用説明会に申込みもできない現実があります。

ですから、もし有名企業への就職を目指すのであれば、有名大学を目指してください。

せっかく大学に進学しても、授業についていけなかったり、オンライン授業に馴染めずに辞めてしまう学生は、年間で約3万人もいます。

少し前までの常識は、令和の時代は通用しなくなっています。
詳しくは大学 専門学校 あなたはどっち向き?もご覧ください。

[大学中退者は非正規雇用が多い事実]
(東京大などの研究グループ調査データ)
[大学に入れば何とかなる!は幻想です]
(日本学生支援機構インタビューより)

5.専門学校 反対される

専門学校進学に対し「親の反対」をお聞きします。お子様が反対する親を説得するために悩んでいることも少なくありません。

反対する心理は「大学ぐらい出ないと」「専門学校に行ってどうする」など、つまり「大学に行けば就職の心配ない」という親心です。

専門学校でお聞きする例では
「親が反対するので大学に行くことにした」
「親の反対を押し切って専門学校に進学したい」
「どうやって説得しようか悩んでいる」

など切実な例は少なくありません。

保護者のなかには、大学に対する思い入れが強い方も多くおられます。

けれども、今は「大学のレベルを気にしなければどこかには入学できます」。

また、「終身雇用」(※新入社員が定年まで勤める雇用制度)や「年功序列」(※勤務年数によって待遇も良くなる制度)も大半の会社には存在しません。

実力主義、成果主義が今の会社です。

保護者の皆さまには
お子様が「興味をもった業界のこと」「お子様の特性」を冷静にお考えいただき、情報をお調べになって「検討されること」をおすすめいたします。

・お子様が興味をもった業界のことを調べてみる

・お子様の向き不向きについてて冷静に考えてみる

・お子様がその業界や仕事についてどう考えているかちゃんと話を聞いてみる

・お子様が興味をもった専門学校にも話を聞いてみる
(オンライン説明会、保護者説明会、個別相談など)

・将来の仕事についても調べてみる

・最初から反対ではなく情報を踏まえてお子様とちゃんと話してください


お子様には
「専門学校のオンラインや来校型の説明会」「オープンキャンパス」に「保護者と一緒に参加」されることをおすすめします。

・進みたい業界のことを親に知ってもらう

・どうしてその分野に進みたいのか

・なぜその専門学校に進みたいと思ったか

・将来、どういう仕事をしたいか(どうなりたいか)

・自分の言葉で親にちゃんと説明してください

・オープンキャンパスなどに保護者と一緒に参加することも有効です

6.保護者説明会やオープンキャンパスの有効活用

専門学校では、学校説明会、オープンキャンパス、個別相談などを開催しています。参加費は無料です。

いま、保護者の同席はたいへん多くなっています。開催日には、別室で保護者向け説明会が実施されており、保護者の立場で学校を知るいい機会となっています。

また、オンラインで開催される学校説明会、個別相談も同様で、保護者と一緒に視聴する方が増えています。

オンラインでは、カメラをOFFにして顔を出さなくてもよい場合が多いようです。このような説明会をご覧になることで効率よく学校の話を聞くことができます。

7.大学中退して専門学校へ再進学も

高校卒業時、将来の目標が定まらないまま大学に進学する人が増えています。

大学に入ったまでは良いのですが、本来勉強が苦手であったり、目標がないままに進学した人のなかには途中で挫折してしまう人が1年間で約3万名います。

高校は卒業生の「大学進学」は公表しますが「卒業生の大学退学」は非公開です。

卒業生のその後を追跡調査していないこともありますが、現実を把握しようとしていないのも事実です。

大学を中退したあとの主な進路は、アルバイト、就職、または再進学です。「資格取得」「技術習得」を目標に専門学校に再進学する方は増えています。

8.希望職種の正社員を目指します

保護者の方が最も心配なのことは、卒業後の就職だと思います。「就職できるの?」「どんな仕事をするの?」と考えるのは当然です。

まずお伝えしたいことは、専門学校は職業訓練に特化した高等専門教育機関であるということです。

各分野の専門学校では、それぞれの業界と信頼関係が深く、実際の現場実習にも多くの時間が割かれています。

採用環境は、社会情勢に大きく左右されますが、専門学校卒の新人を必要している分野、企業は多く、「専門知識や資格を生かせる、希望分野の就職」につながる「多くの求人票」が寄せられています。

専門学校(認可校)と無認可校の違いについてはこちらをご覧ください。
専門学校(認可校)を無認可校の違い

専門学校では、就職部(進路指導室)がきちんと機能しています。この点は自由応募が主の大学と異なる点です。

学生一人ひとりに対し「就職活動支援」を継続的に行っています。

「面接指導」「応募書類指導」や「応募を希望する企業の評価」などきめ細かくサポートしています。

9.大人の目線でも専門学校を評価してください

新型コロナウイルスは、社会のあらゆる「常識」を覆しています。

すでに「仕事」のカタチも変化しています。どの分野にしても「業界の現状」「将来性」については、話を聞いていただきたいと思います。

また専門学校の「クラス担任の先生」「技術指導の先生」に直接話を聞いたり、「学生の様子」「授業風景」もご覧になることをおすすめします。

そして「学費」です。学費は『学校の考え方』そのものです。

授業料の他、教材費、実習費、施設維持費など『在籍中の総費用』をご確認ください。

10.各種学費支援制度、学費分割制度も

・専門学校ごとに、各種学費支援制度があります。

・夜間部は昼間部より学費が低く抑えられていることが多くなっています。

・分割支払いできる専門学校もあります。

学校ごとに異なりますのでお確かめください。

修学支援新制度(高等教育無償化制度)
2020年4月から実施の制度です。
詳しくは文部科学省の公式サイトをご覧ください。

11.東京・関東 厳選の専門学校

  IT・AI・プログラミング 8校  
IT、AI、SE人気が高まっている
    ホテル・ブライダル 10校  
ホテル業界は根強い人気
  保育・幼児教育 10校 
保育士はAI時代も必要な職種
  英語(外国語・語学)・留学 8校  
英語力を高め幅広い就職、大学編入も
  美容師・美容・理容師 8校  
美容師は男女に人気職種
  建築・インテリア 6校  
建築士、建築監督が人気
  CA・エアライン・グランドスタッフ・観光 9校  
航空、空港、観光業界の期待
  イラスト・デザイン・マンガ・写真 10校  
イラスト人気が高まっている
  ファッション・きもの・服飾 9校  
映画・舞台・テレビなどの衣装業界も注目
    調理師・製菓・製パン・栄養士 10校  
食を支える調理師、栄養士
    電気・電子・工業 3校  
通信、交通を支えるのも電気の力
  ゲーム・Web・CG 8校  
eスポーツ、学習分野など幅広い
    公務員・法律 7校  
公務員、警察、消防、宅建、行政書士は根強い人気
    自動車・バイク・自転車 5校  
自動車整備士は新たなステージへ
  動画・放送・映像・エンタメ 8校  
動画制作、放送分野の最先端
  宅建・ビジネス・経理 6校  
宅建資格は根強い人気
    スポーツ・トレーナー・インストラクター 4校  
ジム、パーソナルトレーナーも人気
  リハビリ・柔整・鍼灸・臨床 5校  
リハビリ、放射線、臨床検査の人気が高まっている
  動物・フラワー・環境技術・バイオ 5校  
自然が相手、動物飼育、健康管理、環境技術、バイオ
senmon-watcher-東京工学院大バナー
senmon-watcher--9
senmon-watcher-東京エアトラベルホテル大バナー
senmon-watcher-2
senmon-watcher-20210702
senmon-watcher--16
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
senmon-watcher-清水学園小バナー
senmon-watcher-マリールイズ小バナー
senmon-watcher-東京商科法科小バナー
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
PAGETOP
Copyright © 専門学校進学・再進学ガイド All Rights Reserved.