【東京・関東】で信頼あるおすすめ専門学校をセレクト

専門学校 偏差値

  • HOME »
  • 専門学校 偏差値

伸びるマーク偏差値より評定平均や調査書を重視

目次

専門学校の偏差値は目安

大学は偏差値で選びますが専門学校は将来進みたい分野で選ぶので、大学入試における「偏差値」の考え方はそもそもないと思ってください。

このサイトも含め専門学校を紹介するサイトにある「偏差値」もあくまでも目安です。

偏差値より評定平均を重視

専門学校では偏差値ではなく「評定平均値(各科目の成績)」や「調査書(中学で云う内申書)」を、選考段階で重視しています。

「評定平均値では、高校1年~3年の成績を」「調査書では、高校時代の生活や活動、出席状況を」把握し、応募者の「人物像」判断材料のひとつとしています。

一応付け加えると、評定平均値とは「高校1年生から高校3年生で出願する前までに履修していた全科目の成績(5段階)を平均したもの」です。

文部科学省が定める学習成績概評は、評定平均値をA、B、C、D、Eの5段階を分けるものです。

評定平均値 学習成績概評
5.0~4.3
4.2~3.5
3.4~2.7
2.6~1.9
1.8以下

実際、専門学校では応募者の選考で「評定平均でC以上は欲しい」などの評価がされています。

募集要項などで推薦入試の条件として「評定平均3.0以上」「評定平均2.7以上」などと表記されている場合もあります。

欠席が多いのは好ましくない

高校時代に特別な理由以外の欠席数が多い場合、専門学校の選考では検討対象になることもあります。入学しても学習が遅れてしまうのではないかを心配してしまうのです。

欠席日数がぎりぎりの状態でも、専門学校の面接で熱意を伝えることで入学事例は多くあります。高校時代にやむを得ず欠席が多かった人は、高校時代とは変わるあなたをPRしてください。

「あなたに有利な入試方法」で

偏差値や倍率にこだわらずに「あなたの入学しやすい入試方法」をおすすめします。指定校推薦、高校推薦、総合選抜(旧AO入試)、一般入試、など「入試の種類」は複数あります。

あまり知られていませんが、どの入試も「高校生」「高校既卒者(大学、大学中退、社会人など)」全ての方が対象です。

注意してほしいのは、国家資格に関わる「学科」は定員が厳格です。目指している分野が「国家資格」に関係する学科の場合は「入学定員」を意識してお早目に行動することをおすすめします。

入学を希望する専門学校に「どの入試方法が向いているか」あなたにとって「有利な入試方法」を確認することをおすすめします。

高校生の場合は、担任や進路指導の先生に相談できます。すでに高校を卒業されている方は、専門学校に相談することをおすすめします。

・高校生の場合
「高校の先生に相談する」
「専門学校の入学担当者に相談する」

・高校既卒者(大学、大学中退、社会人)の場合
「専門学校の入学担当者に相談する」

 

PAGETOP
Copyright © 専門学校進学・再進学ガイド All Rights Reserved.