専門学校などを卒業すれば無試験で栄養士免許(国家資格)を取得できます

栄養士として仕事をするためには、栄養士免許(国家資格)が必要です

広いキッチンに鍋や食材が並んでいる

・専門学校を卒業して資格を取得
・短期大学・大学でも取得可能

栄養士免許(国家資格)を取得するためには、厚生労働大臣より指定された教育機関で過程を履修し卒業する必要があります

1)2年制の専門学校の栄養士課程を卒業することで、栄養士免許(国家資格)を取得できます。

2)同様に2年制の短期大学、3年制・4年制の専門学校、大学の栄養士課程を卒業することで、栄養士免許(国家資格)を取得できます。

どの学校を卒業しても、栄養士免許の資格に変わりありません

就職先は、病院、児童福祉施設、介護保険施設、給食会社、学校など食事を提供する多岐に渡る施設が対象です。

上記のほか、社会福祉施設、企業なども対象になります。

栄養士は、年齢に関係なく長く仕事ができる職種で、高齢化社会の食と健康を支える重要な職種のひとつです。

その上で、年に一度実施される管理栄養士国家試験に合格する必要があります

受験資格は、次の4通りに分かれています

1)
修学年限が2年制の栄養士養成施設(専門学校・短大など)を卒業し、

栄養士免許を受けた後、厚生労働省令で定められた施設(※以下参照)で、3年以上の栄養指導の実務経験を積んだ方

2)
修学年限が3年制の栄養士養成施設(専門学校・短大・大学など)を卒業し、

栄養士免許を受けた後、厚生労働省令で定められた施設(※以下参照)で、2年以上の栄養指導の実務経験を積んだ方

3)
修学年限が4年制の栄養士養成施設(専門学校・短大・大学など)を卒業し、

栄養士免許を受けた後、厚生労働省令で定められた施設(※以下参照)で、1年以上の栄養指導の実務経験を積んだ方

4)
修学年限が4年制の管理栄養士養成施設(専門学校・短大・大学など)卒業

管理栄養士養成施設を卒業した方は実務経験を経ずに「管理栄養士国家試験」を受験することができます

※厚生労働省令で定められた施設紹介

  • 病院・児童福祉施設・介護保険施設など特定多数に対し継続して食事を出す施設

  • 食品製造、加工、調理、販売などを行う業態の施設

  • 学校、各種学校における給食を調理する施設

  • 保健所、栄養に関する研究施設など
白衣を着た女性が後ろ姿で食品の成分検査をしている
資格名最短年限認可大臣
栄養士2年厚生労働大臣
栄養指導・献立作成・調理ができる専門職です。指定の専門学校などで「卒業と同時に」無試験で取得できます
生成AI の5段階評価市場性将来性
ChatGPT45
Google Gemini44
Bing AI45
総評/食品業界や医療機関、介護、スポーツ業界などで需要が拡大しています。健康意識の高まりや食事管理の重要性が注目されるほか、高齢化社会や健康志向の拡大に伴い、需要は増加する見込みです。食と健康を支える重要な職業です