【東京・関東】で信頼あるおすすめ専門学校をセレクト

偏差値で測れない“伸びしろ”

  • HOME »
  • 偏差値で測れない“伸びしろ”

偏差値だけが答えではありません

偏差値がよくないからと自信を持てなかったり、目標を見つけられないとしたら、その考え方は変えた方がいいと思います。勉強しなくてもいいということではなく「偏差値に縛られないでほしい」ということです。将来、何の仕事をするにしても「学ぶことはたくさんあります」。でもそれは技術や資格、経験から得るものなど「偏差値では測れないことばかり」です。アメリカのメジャーリーグでも大活躍したイチロー選手、誰もが認める偉大な野球選手です。数々の大記録を残したイチロー選手に「高校時代の偏差値」を聞いても意味がありません。
イチロー選手は好きな野球に出会い、真面目に、上を目指して取り組んだから偉大な選手になりました。そうこれが答えです。「好きなことに出会い」「真面目に」「少しでも上を目指して取り組む」。どんな分野で仕事をするにしても基本の考え方はここにあります。偏差値だけが答えではありません。

その仕事に選ばれたということ!

どの段階で将来の仕事に出会えるかは、人それぞれ違います。ただひとつ言えることはやりたいことが見つかった時点で「その仕事に選ばれた人」ということです。
やりたいことは楽しく取り組めますし、たとえ壁に当たっても乗り越えられるはずです。自分の可能性を信じて周りの人にも理解してもらえるようアピールして、将来後悔しないような進路選びをしてください。

成長を感じることができる

専門学校の先生との関係は、スポーツ選手とコーチの関係に近い
プロスポーツ選手は、小さなころから将来の目標を掲げていることが多いようです。コーチは親身になって選手を伸ばそうとしますが、この関係は専門学校の先生と学生の関係に似ています。スポーツ選手が「種目」を絞るように、専門学校進学は「将来の仕事」をイメージして絞ります。「資格を取る」「技術を高める」ために一人ひとりに合った方法で「コーチング」してくれるのが専門学校です。
高校卒業時に、自分のやりたいことが見つけられた人はとてもラッキーですし、大学を中退して専門学校に再進学したとして、それもタイミングです。
やりたいことが見つかった時点で、あなたにとってのチャンスだと思います。

イキイキできる自分でいよう

皆さんのまわりにはいろいろな仕事をしている人がいると思いますが、イキイキしている人もいれば、そうでない人もいます。皆さんはどちらの人に魅力を感じますか?どんな仕事でも、その人がイキイキを仕事をしていないとまわりの人はその人を魅力的だと感じないものです。
専門学校に進学している人は「自分で見つけたやりたいこと」に向き合っているのでイキイキしている人が多いと思います。社会に出る前の準備期間にイキイキした自分に出会えることができれば、きっと社会に出てからもイキイキと仕事ができるのではないでしょうか。

PAGETOP
Copyright © 専門学校進学・再進学ガイド All Rights Reserved.