【東京・関東】で信頼あるおすすめ専門学校をセレクト

MENU

専門学校(認可校)と無認可校の違い

  • HOME »
  • 専門学校(認可校)と無認可校の違い

伸びるマーク専門学校と名乗れるのは認可校だけ

専門学校とは

・学校教育法に基づいて設立され、都道府県知事の認可を受けているのが「専門学校」です。

ですから「○○専門学校」「専門学校○○○○」など、「専門学校」の名称を使用できるのは、正式に認可を受けた学校だけです。

無認可校は「専門学校」と名乗ることはできません。

例外的に、認可校でも、あえて「○○○学院」などを使用している専門学校もあります。

たとえばこのサイトでも紹介している
「文化服装学院」
「神田外語学院」
「専門学校日本ホテルスクール」
「東京商科・法科学院専門学校」
「専門学校千葉デザイナー学院」
なども、すべて都道府県知事の認可を受けている「専門学校」です。

目次

1.専門学校(認可校)と無認可校を比較

1-1.学納金の教育ローンを比較

国の教育ローン

○認可校 受けることができます。
●無認可校 原則受けることができません。一部受けられる学校もあります。

1-2.修学支援新制度(高等教育の無償化制度)を比較

○認可校 対象になります。対象は、大学・短期大学、高等専門学校、専門学校です。
●無認可校 対象になりません。

1-3.奨学金を比較

日本学生支援機構

○認可校 受けることができます。
●無認可校 受けることができません。

1-4.通学定期を比較

○認可校 「通学定期」で、学割が適用されます。
●無認可校 「通勤定期」で、学割は適用されません。

1-5.大学3年次への編入を比較

○認可校 所定の単位を習得していれば、編入可能です。
●無認可校 編入できません。

1-6.最終学歴を比較

○認可校 2年制であれば短大卒と同様の扱いで、専門学校卒業として専門士の称号が得られ、履歴書に記載できます。

ただし、1年制の学科では専門士の称号を得ることはできません。
●無認可校 通った期間は「学習歴」としての扱いになります。原則として履歴書にも記載できません。

中学卒業、高校卒業が最終学歴となります。

1-7.就職支援体制を比較

○認可校 無料職業紹介所として厚生労働省より認められており、企業からの求人(学校に届く求人票など)吟味して学生に合った企業を紹介します。

また、ハローワークなどの国の職業紹介機関と連携した就活支援しています。
●無認可校 無料職業紹介所として厚生労働省より認められていないため、学生と企業の間に入って調整することはできません。

学生は自力で就活を行います。なかには、有料職業紹介所として届け出、求人を紹介している学校もあります。

1-8.運営母体を比較

○認可校 ほとんどの専門学校は、学校法人が設置者となっています。
●無認可校 ほとんどの無認可校は、株式会社が運営母体です。

民間企業なので、経営状況が悪化すれば学校運営を継続できずに、突然閉鎖されることが過去にありました。

進路選びの参考にしてください。

2.東京・関東 厳選の専門学校+


東京工学院-topバナー
東京エアトラベルホテルーtopバナー
東京電子-topバナー
日本ホテルスクールーtopバナー
道灌山学園保育福祉-topバナー
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
国家資格を目指す専門学校
夜間部のある専門学校
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

専門学校リポート&コラム

PAGETOP
Copyright © 専門学校進学・再進学ガイド All Rights Reserved.