【東京・関東】で信頼あるおすすめ専門学校をセレクト

就職に強い有利な専門学校

  • HOME »
  • 就職に強い有利な専門学校

新型コロナの影響で一時的に就職環境に変化が生じています。

就職に強い有利な専門学校とは?

就職に強い有利なケースとして大きく4通りに分けられます。
ここで云う就職とは「正社員就職」を意味しています。

1)「資格」がないと「その職種」を名乗ることができず「その仕事」に就けない就職
代表的な職種として「看護師」「臨床検査技師」などの「医療系資格」のほか「保育士」「美容師」「建築士」などが挙げられます。

2)「公務員」「法律」系の資格による就職
代表的なところでは「公務員」「消防士」「警察官」「自衛官」「行政書士」「宅地建物取引主任者(宅建)」などが挙げられます。

3)「特定の業界」との長年の信頼関係や実績で「その業界」からの求人が多く就職に有利な場合
代表的な分野として「ホテル」「エアライン」「放送」「ファッション」などが挙げられます。

4)「特定のスキル」を高めそれを必要とする仕事への就職
代表的な分野として「語学」「デザイン」「Web」「IT」「プログラミング」「電気・電子」などが挙げられます。

このように、専門学校のそれぞれの分野は、各業界と密接な関係にあります。
そういう背景から「資格系の専門学校」も「スキル系の専門学校」も、それぞれの分野における就職は強く、就職活動も有利になっています。
一方、「正社員就職が難しい分野」として、声優、タレント、俳優、ミュージシャンなどが挙げられます。これらの業界には「プロダクション所属」など研究生としての進路もありますが、就職とは異なります。ほかにも製菓、製パン、カフェなどは、小規模な会社が多く正社員採用数は少ない傾向にあります。

専門学校の就職率、有効求人倍率

さて、皆さんは「就職率〇〇%」や「有効求人倍率〇〇倍」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?学校の公式サイトなどで「就職率〇〇%」といった表記を目にすることもあるかと思います。

就職率とは

卒業対象者のうち何名が就職したか、その割合を表しているのが就職率です。たとえば、卒業対象者100名に対して就職した人が95名だった場合、就職率は95%になります。
単純な計算なのですが、専門学校によっては「就職希望者を対象にして就職率100%」などの表記があります。
これは「就職せずにフリーター希望者や研究科に残る人などを除く」ことを意味しています。専門学校は「業界の需要により即戦力を育成する」こと目的としているので、全体的に就職率は高くなっています。
各専門学校では、正確な数字を公開しているので気になる専門学校があれば直接お問合せください。編集部を通じて問合せすることもできますのでお気軽にご連絡ください。

有効求人倍率とは

学生1名に対して企業の求人件数が何件あるかを表したのが有効求人倍率です。たとえば、卒業対象者100名に対して求人件数が500件ある場合、有効求人倍率は5倍になります。

これは高いほど「求人先(就職先)は豊富にあるので多くの企業から選べる」目安になり、低いと「学生1名に対して求人が少なく就職先選びに苦労する」ことになります。平時においては、ほとんどの専門学校では有効求人倍率は、高い数字になっています。
各専門学校では、正確な数字を公開しているので気になる専門学校があれば直接お問合せください。編集部を通じて問合せすることもできますのでお気軽にご連絡ください。

新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスは、日本の就職環境にも大きな影響を及ぼしています。専門学校のみならず、大学新卒、社会人の転職など多方面に影響が生じています。しかしながら、永遠にこの状態が続くことは考えられません。有効なワクチンや薬の開発がすすんでいます。新卒採用を行っている各社は、「仕事のカタチ」「仕事の進め方」など、「ウィズコロナ」に柔軟な進化をしています。私たちにできることは「新たな生活習慣」を受け入れ、未来に希望を持てる社会を作っていくことだと考えます。

PAGETOP
Copyright © 専門学校進学・再進学ガイド All Rights Reserved.