【東京・関東】で信頼あるおすすめ専門学校をセレクト

MENU

専門学校で確認したい点

  • HOME »
  • 専門学校で確認したい点

伸びるマーク直接見て聞いて納得するまで

目次

1.ホームページやオンライン説明会では見えないところ

ホームページを見ると、その専門学校のことがだいたい分かりますが、

ホームページやパンフレットにあえて不利になる情報は掲載しないので、どの学校もよく見えます。

でも「設備が充実している」「有名な講師の特別講座がある」ことなどは表面的なことで、重要なことは学生一人ひとりに日々どのように接して、資格取得、就職までフォローしているか。在校生や卒業生は輝いているかなのです。

オンライン説明会なども増えているので、事前にどんな学校なのかは分かります。

コロナの影響で簡単に学校訪問できない場合もありますが、できる限り早めに一度足を運んで直接確認することをおすすめします。

学校は基本的に通学するので「校内の様子」「学生や先生の雰囲気」から直接感じる「合う、合わない」は必ずあると思います。

2.「資格合格率」の高さや「就職率」100%はホント?

高校の先生も誤解されているケースが多いのが「資格合格率」「就職率」です。

専門学校は「高等職業教育機関」として卒業と同時に「資格取得」できる分野も多くありますし、就職率100%の学校もあります。

専門学校は、実績が伴わないと高校の評判も悪くなり、学生募集に影響が出るので、「資格」「就職」には特に力を注いでいます。

また、専門学校には、多くの求人票が寄せられており、有効求人倍率(一人の学生に対する求人件数)はとても高くなっています。

一人の学生が複数の就職先候補から勤務先を選ぶことは珍しくありません。

3.「資格合格率」や「就職率」は分子/分母が重要

資格合格率や、就職率の元になる数字についてもよくご質問があります。

資格であれば「在校生が何名で、そのうち何名が資格試験を受けて、何名合格しているか」。

就職であれば「卒業対象者は何名いて、そのうち何名就職しているか」がポイントになります。


また参考までにお伝えすると、入学した年に200名だったのが、卒業年の対象者が190名になっているとしたら「途中で辞めてしまった」か「卒業資格を得られない」学生が10名いることになります。

就職先もきちんと確かめましょう。大手の専門学校では「就職先一覧」としてグループ校も含めた実績や、開校以来の実績を掲載していることがあります。

必ず、最新の情報を確認してください。

4.どんな先生が担任で、授業は誰が行うか

専門学校には、正規教員、職員のほか非常勤講師も在籍しています。

1)どんな先生が担任をしているのか

2)授業はどんな先生が担当しているか

3)授業見学や、職員室も見せてもらうことをおすすめします

5.学校の雰囲気

専門学校を訪問すると受付があります。職員室と一緒になっていることもあります。

時間帯によっては、学生が職員室に来ていたり、講師どうしで話をしている様子も見ることができます。

掲示板にポスターや連絡事項が貼ってある場合、ぜひご覧ください。

1)学校の雰囲気を作り出しているのは人です

2)在校生、職員、講師など校内にいる一人ひとりが雰囲気の元です

3)訪問したときの対応など、あなたに合う合わないはきっとあるはずです

4)保護者同伴の場合は、大人の目線で学校をお確かめください

6.クラス人数・授業の進め方

同じ分野でも、専門学校により授業の体制は異なります。

1)座学と実習はどういう方針、スタイルで実施されているか

2)メイン以外にも多くの資格項目があるが、時間内で学習できるのか

3)メインの資格取得に向けてはどのような体制、スケジュールか

4)授業でわからないことなどのフォロー体制はどうなっているか

5)実習時間など、大教室で講師が少ないと、一人ひとりに目が届かなかったり、質問したくてもしにくいこともあるようです

7.資格取得について

「資格取得」「希望分野就職」を実現するのが、専門学校の価値と言えます。

特に、資格取得については、専門学校の経験に基づく教え方が合格率を左右すると云っても過言ではありません。

1)カリキュラム
2)教材
3)担当講師
4)授業・実習スタイル
5)学校独自のサポート体制


これらが機能的に連動することで学生一人ひとりの理解度、成長に合わせて「資格取得」に向けて的確なフォローを行うことができます。

学校訪問のなかで、それらを比較する機会があればぜひお確かめください。

8.就職指導・就職先

就職率はもちろん、学生にとっては「希望分野への就職」が最も大事なことです。ですから、専門学校では「就職指導部」の役割がとても重要になっています。

また、就職先は「正社員就職」を基本として考えてください。入学前の説明などで、納得のいくまで確認してください。

就職指導では、まず学生の希望を確認し、本人の適性と合わせて就職先を検討していきます。

専門学校には多くの企業から求人票が届きますが、それらの企業に学生が応募する前に、必ず「就職指導部」に相談するようにしていることが多いです。

仕事の内容、採用条件など、学生だけでは見落としてしまう情報にも目を光らせています。

この点は、個人応募がメインの大学の就職部と大きく異なります。

正社員就職実績、直近の就職先企業名などもお確かめいただくとよいでしょう。

9.通学期間の総費用

初年度の学費はホームページなどにも表記されていますが、その他実習費、材料費、積立金など別費用がかかることもあります。

初年度を低く抑えて2年目が高くなる学校もあります。

通学期間の総費用はいくらかかるのか必ず確認してください。

※必ず最新の情報をお確かめください。

10.修学支援新制度(高等教育無償化)

授業料の減免と給付型奨学金を合わせた、学びたいけれどお金の問題をクリアしなければならない人のための新しい制度です。

文部科学省より認定を受けた専門学校に適用されています。

2020年4月からスタートしました
詳しくは文部科学省の公式サイトをご覧ください。

11.奨学金について

専門学校から安易に奨学金をすすめられる場合は、冷静に考えてください。

貸与の最高額は月額12万円です。2年制専門学校の場合、卒業後毎月2万円を16年間返済することになるのです。

働きながら学ぶ制度を検討したり、利用する場合は最少額で収まるよう綿密にご検討ください。

奨学金の第一回の振込時期は5~6月(※)です。それまでの間は奨学金を頼らずに生活する必要があるので準備の必要があります。

 3月まで4月5月6月
必要な費用受験料
入学金
前期授業料など
教科書
生活費など
生活費など生活費など
奨学金で対応の可否NGNGNG 可能

12.東京・関東 厳選の専門学校

  IT・AI・プログラミング 8校  
IT、AI、SE人気が高まっている
    ホテル・ブライダル 10校  
ホテル業界は根強い人気
  保育・幼児教育 10校 
保育士はAI時代も必要な職種
  英語(外国語・語学)・留学 8校  
英語力を高め幅広い就職、大学編入も
  美容師・美容・理容師 8校  
美容師は男女に人気職種
  建築・インテリア 6校  
建築士、建築監督が人気
  CA・エアライン・グランドスタッフ・観光 9校  
航空、空港、観光業界の期待
  イラスト・デザイン・マンガ・写真 10校  
イラスト人気が高まっている
  ファッション・きもの・服飾 9校  
映画・舞台・テレビなどの衣装業界も注目
    調理師・製菓・製パン・栄養士 10校  
食を支える調理師、栄養士
    電気・電子・工業 3校  
通信、交通を支えるのも電気の力
  ゲーム・Web・CG 8校  
eスポーツ、学習分野など幅広い
    公務員・法律 7校  
公務員、警察、消防、宅建、行政書士は根強い人気
    自動車・バイク・自転車 5校  
自動車整備士は新たなステージへ
  動画・放送・映像・エンタメ 8校  
動画制作、放送分野の最先端
  宅建・ビジネス・経理 6校  
宅建資格は根強い人気
    スポーツ・トレーナー・インストラクター 4校  
ジム、パーソナルトレーナーも人気
  リハビリ・柔整・鍼灸・臨床 5校  
リハビリ、放射線、臨床検査の人気が高まっている
  動物・フラワー・環境技術・バイオ 5校  
自然が相手、動物飼育、健康管理、環境技術、バイオ
senmon-watcher-東京工学院大バナー
senmon-watcher--9
senmon-watcher-東京エアトラベルホテル大バナー
senmon-watcher-2
senmon-watcher-20210702
senmon-watcher--16
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
senmon-watcher-清水学園小バナー
senmon-watcher-マリールイズ小バナー
senmon-watcher-東京商科法科小バナー
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
PAGETOP
Copyright © 専門学校進学・再進学ガイド All Rights Reserved.