東京・関東で評判のおすすめ専門学校!比較ランキング!

専門学校を見るポイント

  • HOME »
  • 専門学校を見るポイント

ホームページでは見えないところ

パンフレットやホームページにあえて不利になる情報は掲載しないので、どの学校もよく見えます。でも「設備が充実している」「こんな講師がいます」というのは表面的なことで、本当は「学生一人ひとりに日々どのように接して、資格取得、就職までケアしているか」が一番大切なことです。在校生や卒業生の幸福度が最も重要なことなのです。

目次

  1. ホームページでは見えないところ
  2. 「資格合格率」の高さや「就職率」100%はホント?
  3. 「資格取得率」や「就職率」の母数が重要
  4. どんな先生が担任で、授業は誰が行うか
  5. 学校の雰囲気
  6. クラス人数・授業の進め方
  7. 就職指導・就職先
  8. 通学期間の総費用
  9. 奨学金

「資格合格率」の高さや「就職率」100%はホント?

高校の先生も誤解されているケースが多いのが「資格合格率」「就職率」です。
ウソではなく本当のことなのできちんとご説明します。
専門学校には、「卒業と同時に資格取得できる学校」があります。
たとえば「保育専門学校」には、文部科学省・厚生労働省の認定校があります。
文部科学省からは「幼稚園教諭の指定教員養成機関」として認可され、厚生労働省からも「保育士養成施設」の指定を受けているので、卒業と同時に「幼稚園教諭2種免許状」と「保育士資格」を取得することができます。

また、専門学校の求人倍率(一人の学生に対する求人件数)はとても高く、学生が多くの就職先候補から希望に合った勤務先を選ぶことは珍しくありません。

それほど日本の企業は、優秀な人材、即戦力人材を求めているという証です。

「資格合格率」や「就職率」の母数が重要

合格率や、就職率の数字についてもよくご質問があります。
資格、就職において「在校生が何名、何名が受けて、何名合格しているか」「卒業生は何名いて何名就職しているか」は、各校様にお問い合わせいただければ必ず教えてくれます。

どんな先生が担任で、授業は誰が行うか

専門学校には、正規教員、職員のほか非常勤講師も在籍しています。
1)どんな先生が担任をしているのか
2)授業はどんな先生が担当しているか
3)授業見学や、職員室も見せてもらってください

学校の雰囲気

専門学校を訪問すると受付があります。職員室と一緒になっていることもあります。時間帯によっては、学生が職員室に来ていたり、講師どうしで話をしている様子も見ることができます。掲示板にポスターや連絡事項が貼ってある場合もあるので、見ることも可能です。
1)学校の雰囲気を作り出しているのは人です
2)在校生、職員、講師など専門学校にいる一人ひとりが雰囲気の元です
3)訪問したときの対応など、あなたに合う合わないはきっとあるはずです

クラス人数・授業の進め方

同じ分野でも、専門学校により授業の体制は異なります。
1)パンフレットに多くの項目があるが、本当に時間内に学習できるのか。
2)資格取得に向けてどのような体制、スケジュールか。
3)実習時間など、大教室で講師が少ないと、一人ひとりに目が届かなかったり、質問したくてもできなかったりすることもあります。

就職指導・就職先

就職率はもちろんですが、学んだ分野を活かす就職をすることが最も重要です。全く違う分野の就職先が多かったり、分かりにくい場合は確認してください。どの専門学校にも企業から求人票は届きますが、すべてに就職実績があるとは限りません。その専門学校を卒業してどこに就職したかを知りたいのです。ぜひ聞いてください。専門学校のホームページやパンフレットには就職先一覧表があるのでそれを見比べてもわかりますが、グループ校実績や、過去の実績などを掲載している例もあるので必ず直近の実績を確かめましょう。アドバイス-2[専門学校の就職率は大学より高い]

通学期間の総費用

初年度の学費はホームページなどにも表記されていますが、その他実習費、材料費、積立金など別費用がかかることもあります。初年度を低く抑えて2年目が高くなる学校もあります。通学期間の総費用はいくらかかるのか必ず確認してください。

[2年間の学費比較]

奨学金

安易に奨学金をすすめられる場合は、冷静に考えてください。貸与の最高学は月額12万円です。2年制専門学校の場合、卒業後毎月2万円を16年間返済することになるのです。働きながら学ぶ制度を検討したり、利用する場合は最少額で収まるよう綿密にご検討ください。

奨学金の第一回の振込時期は5~6月(※)です。それまでの間は奨学金を頼らずに生活する必要があるので準備の必要があります。

  3月まで 4月 5月 6月
必要な費用 受験料
入学金
前期授業料など
教科書
生活費など
生活費など 生活費など
奨学金で対応の可否 NG NG NG  可能
PAGETOP
Copyright © 専門学校ウォッチャー All Rights Reserved.